infodb Wax Since: 2002-11-28
xupdate:insert-after
指定された要素の後ろに要素を挿入します。
    Attributes
    名前概要初期値必須
    select処理対象要素をXPathで指定します。NoneYes
    Dependencis
    親ディレクティブ
    子ディレクティブ
    Sample
    <xupdate:insert-after select="/testitems/test">
        <xupdate:element name="test">
            <name>This is Test.</name>
        </xupdate:element>
    </xupdate:insert-after>
    上記、コードが実行されるとtest要素が挿入されます。
    <testitems>
        <test>
            <name>元からある1番目の要素</name>
        </test>
        <test>
            <name>This is Test.</name>
        </test>
        <test>
            <name>元からある2番目の要素</name>
        </test>
    </testitems>
© Copyright INFODB.ORG 2002-2004. All Right Reserved.